パチスロはどこへ向かおうとやるのだろうか

パチスロはがんらいパチンコには薄い博打性が物で、クレアトゥールによって仕組まれた絵柄の流れやいつもと違う発揮などで人寄せでした。
0号機から1号機ところは比較的おとなしい卓でしたがそれでも1000枚や2000枚は自動の出ていました。逆に相場もかさみ1スパンで数万円負け戦なんていうのがありました。
このあたりから当局の制圧が訪れ、パチスロ世の中は制圧と早道の水掛け論でした。こういう水掛け論がシーズンに達したのが4号機でした。一瞬700枚とか時速5000枚なんて
言う卓が次々登場し、手段にはまれば1万枚2万枚とか出ていました。このあたりから制圧が不自由になり。腹立たしいパチスロに道のり成長をはじめました。
ATがARTとなり純増10枚が1.5枚〜3枚になりました。そしてインセンティブを引いてもインセンティブ変化中にコインを切り落とし維持ナンバー50枚とか0枚なんていう場合もあります。
そして、コインもちを良くするためにどうしてもリプレイが揃い、代わりにリミット遊戯数が非常に高くなりました。通常相場はいまいち取り除ける代わりに、きわめて数百分比のパーセントを
引かない以上大勝できなくなり、ほとんどが遊んで敗れる卓ばかりになりました。最近では客間も週末以外はアナタが飛んで真っ白だ。
0号機から遊んでいるパチスロですが、5.5号機になりヤメてしまいました。何を打っても出ない、伸び悩む、腹立たしい、くたびれるだけだ。
私のイメージでは二度とパチスロ世の中は限界にきていると思います。それでも初めてしようとするクレアトゥール、そして新台を入れ替えてアナタを呼ぼうと講じる客間横。
しかし出ないのでオーディエンスがつかない現状です。一体パチスロはどこへ向かおうとやるんでしょうか?民衆の楽しめるレクリエーションとして正解を見出してくださいものです。http://www.nm-editions.com/