横山秀夫さんの「半落ち」読み終えました!感動〜!

図書館へ行ってきました〜。

今回は横山秀夫さんの「半落ち」を借りてきました。

現職警察官の、しかも県警幹部の妻殺し、嘱託殺人。

自首するまでの2日間の空白。

犯人である夫は、殺人の事実は認めるものの、空白の2日間のことは頑として語りません。

その2日間の間に、日本最大の歓楽街である東京新宿の歌舞伎町へ行ったのでは?ということが新聞にスクープされるも、もと警察官の夫は口を閉ざしたままなのです。

殺した妻を置いて歌舞伎町で遊んだ後に自首してきた、なんてことは警察とって外聞が悪い、だから警察は「どこで死のうかとさまよい歩き、結局東京へは行かなかった」と供述させたのです。

警察、検察、弁護士、記者、裁判官のあらゆる立場の人が、組織のしがらみに囚われつつも真実を知りたいと奔走する、いやー、もう、読んでいてずっとドキドキしていました(^_^;)

最後の最後で号泣してしまいました!

そういえば映画でも2時間ドラマでも放送されていましたね。

どちらかと言えば原作派なんですが、ドラマもまた見たくなりました。

再放送してほしいです!旬生酵素 購入